Back to page

− Links

 Print 

Backup source of Tools​/Visual D (No. 12) :: D言語友の会

Backup source of wiki:Tools/Visual D(No. 12)

« Prev[5]  Next »[6]
TITLE:Visual D
* 概要 [#n1cbbb23]
[http://www.dsource.org/projects/visuald 公式]

Windowsでフリーで入手可能な強力なIDE(統合開発環境)です。デバッグやスタックトレースの表示などの機能が利用できます。

Visual DはVisualStudioをシームレスに拡張して、D言語を開発できるようにするためのツールです。~
Visual DはVisualStudioの言語拡張パッケージとして提供されます。

動作するVisualStudioは以下。
- Visual Studio 2005
- Visual Studio 2008
- Visual Studio 2010
- [http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=30670 Visual Studio 2010 Shell Isolated] & [http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=30663 Visual Studio 2010 Shell Integrated](フリーで入手可能)
- [http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=40670 Visual Studio 2012 Shell Isolated] & [http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=30663 Visual Studio 2012 Shell Integrated](フリーで入手可能)
- [http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=40764 Visual Studio 2013 Shell Isolated] & [http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=40777 Visual Studio 2013 Shell Integrated](フリーで入手可能)

機能
- D言語のオプションに対応したプロジェクトマネジメントUI
- シンタックスハイライト
- インテリセンス
- ジャンプ機能
- 関数のパラメータ表示
- シンボル・ファイルサーチウィンドウ
- cv2pdbとMagoによるデバッグ機能
- プロファイラウィンドウ

* インストール [#q13399fa]
:Visual Studioのインストール|
Visual Studio 2005/2008/2010/2012/2013を持っていない場合は[http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=40764 Visual Studio 2013 Shell Isolated] & [http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=40777 Visual Studio 2013 Shell Integrated]を入手してインストールする。IsolatedもIntegratedも両方ともインストールする必要があるので注意。
:Visual Dのインストール|
-- [http://rainers.github.io/visuald/visuald/StartPage.html 公式ページ]よりインストールファイルをダウンロードする。サイトの右側に見える「Download Visual D⇓」をクリック。
-- ダウンロードしたインストールファイルを実行し、インストールをすすめる。

* 使い方 [#a9b822f7]
[http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=8e5aa7b6-8436-43f0-b778-00c3bca733d3 Visual Studio 2010 Shell]を使用する場合、
 C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 10.0\Common7\IDE\devenv.exe
などで、インストールしたMicrosof Visual Studio 2010を実行する。

** [http://www.dsource.org/projects/visuald/wiki/Tour/GlobalOptions グローバル設定] [#q8ff3b92]
Visual Dをインストールして最初にVisual Studioをスタートしたら、ツール→オプション→プロジェクトおよびソリューション→Visual D Settingsから、グローバル設定を見直すことから始めると良いと思います。~
&ref(gsettings.png,50%);

:DMD install path|dmdをインストールしたパス(のルートディレクトリ)
:Executable paths|dmd.exeがあるディレクトリのパス。ビルドコマンドを実行したときに使うPATHの環境変数に指定されます。
:Import paths|importディレクトリを指定します。
:Library paths|ライブラリディレクトリ(.libファイルがあるディレクトリ)を指定します
:JSON paths|JSONファイルがあるディレクトリを指定します。
:Resource includes|リソースファイルがあるディレクトリを指定します。

以下のマクロが利用出来ます。
- $(DMDINSTALLDIR): DMD Install path
- $(WINDOWSSDKDIR): Windows SDKディレクトリ
- $(DEVENVDIR): devenv.exe(Visual Studioの実行ファイル)のあるディレクトリ
- $(VSINSTALLDIR): Visual Studioをインストールしたルートディレクトリ
- $(VISUALDINSTALLDIR): Visual Dをインストールしたディレクトリ

* スクリーンショット [#x6c0f1e4]
&ref(capt1.png,50%);
&ref(capt2.png,50%);
&ref(capt3.png,50%);
&ref(capt4.png,50%);
&ref(capt5.png,50%);

* 逆リンク [#h2eb8c62]
#related

* 投票とコメント [#d88ea813]
#vote(#lastvote:1f2a8e333c36340b646b08856fd0010c,大変参考になった[27],参考になった[2],あまり参考にならなかった,まったく参考にならなかった[1],#notimestamp)
#pcomment

« Prev[5]  Next »[6]