1: 2012-09-12 (Wed) 00:39:04 SHOO source Edit Backup No.1 as current.
Line 1: Line 1:
 +TITLE:現在時刻の表示
 +#navi
 +* 概要 [#hc7d9ca6]
 +現在の時刻を、所定のフォーマットに従って文字列にする方法です。
 +
 +* ポイント [#q187b54d]
 +#code(d,nooutline,nonumber){{{
 +auto currentTime = Clock.currTime();
 +}}}
 +で現在時刻の取得。このとき、currentTimeの型は''SysTime''型となります。デフォルトはローカル時間。日本語OSなら日本の現在時刻が返ります。
 +
 +#code(d,nooutline,nonumber){{{
 +auto currentTime = Clock.currTime(UTC());
 +}}}
 +こうすると、ローカル時間ではなく、UTCの現在時刻が手に入ります。
 +
 +#code(d,nooutline,nonumber){{{
 +auto currentTime = Clock.currTime().toUTC();
 +}}}
 +これでも、UTCの現在時刻が手に入ります。
 +
 +#code(d,nooutline,nonumber){{{
 +auto timeString = currentTime.toISOExtString();
 +}}}
 +YYYY-MM-DDTHH:MM:SS.FFFFFFFTZ という、ISO 8601形式に従った時刻を得ます。たとえば '''1998-12-25T02:15:00.024'''
 +
 +#code(d,nooutline,nonumber){{{
 +auto timeString = currentTime.toSimpleString();
 +}}}
 +YYYY-Mon-DD HH:MM:SS.FFFFFFFTZ という形式に従った時刻を得ます。たとえば '''2010-Jul-04 07:06:12'''
 +
 +
 +* サンプルコード [#ff8afa63]
 +#code(d){{{
 +import std.stdio, std.datetime;
 +
 +void main(string[] args)
 +{
 +    // ローカルタイムで現在時刻の表示
 +    writeln( Clock.currTime().toISOExtString() );
 +    // UTCで現在時刻の表示
 +    writeln( Clock.currTime().toUTC().toISOExtString() );
 +    // UTCで現在時刻の表示(2)
 +    writeln( Clock.currTime(UTC()).toISOExtString() );
 +}
 +}}}
 +* 実行結果 [#oaa96718]
 +#code(console){{{
 +$ dmd -run main
 +2011-02-20T10:51:28.846
 +2011-02-20T01:51:28.848Z
 +2011-02-20T01:51:28.848Z
 +}}}
 +
 +#navi
 +
 +* 投票とコメント [#e2b173c3]
 +#vote(#lastvote:b54cfe6d19af196558a731c7b8c21630,大変参考になった[1],参考になった,あまり参考にならなかった,まったく参考にならなかった,#notimestamp)
 +#pcomment


Front page   Edit Diff Backup Upload Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 1869, today: 1, yesterday: 0
メインメニュー

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録

Menu