1: 2012-11-24 (Sat) 14:44:03 SHOO source Edit Backup No.1 as current.
Line 1: Line 1:
 +TITLE:D言語GUIライブラリDFLについて
 +*概要 [#t5eadaf6]
 +windows用のGUIライブラリ。~
 +命名規則が.NET風。~
 +D2にも対応している。
 +**公式リンク [#u93933b0]
 +- [http://www.dprogramming.com/dfl.php 本家配布ページ]
 +- [http://wiki.dprogramming.com/Dfl/HomePage 本家APIドキュメント]
 +- [http://wiki.dprogramming.com/Dfl/Tutorial 本家チュートリアル]
 +- [http://wiki.dprogramming.com/Dfl/ExampleCode 本家サンプルコード]
 +- [http://svn.dsource.org/projects/dfl 本家SVNリポジトリ]
 +- [http://dsource.org/projects/dfl/browser 本家SVNのTracブラウザ]
 +**非公式リンク [#wffe36d7]
 +- [https://github.com/Rayerd/dfl D2特化の後継プロジェクト]
 +**Entice Designer [#m970aedb]
 +DFLで作るGUIの外観をGUIで編集することのできるツール。~
 +一応IDEと言えるかもしれない。
 +-[http://www.dprogramming.com/entice.php Entice Designer公式ページ]
 +
 +** ライセンス [#t04af82a]
 +[[LGPLライセンス>Wikipedia:LGPL]]と[[zlibライセンス>http://sourceforge.jp/projects/opensource/wiki/licenses%2Fzlib_libpng_license]]とオリジナルのライセンスのトリプルライセンス。どれか一つを選ぶことが可能。
 +
 +*インストール [#r0d0b530]
 +-http://wiki.dprogramming.com/Dfl/SetupInstructions
 +**手動インストール [#y50da6bc]
 ++ dmd および dmc のインストール~
 +Tools/DMD を参考にdmdやdmcをインストールし、dmd.exeやdmc.exeのあるフォルダにそれぞれパスを通す。~
 +なお、実行ファイルは '''''<dmdをインストールしたフォルダ>'''''/bin/dmd.exe や、 '''''<dmcをインストールしたフォルダ>'''''/bin/dmc.exe となるようにインストールすること。
 ++ ソースコードの入手~
 +[https://github.com/Rayerd/dfl 非公式のGithubのプロジェクト]からgit cloneもしくはzipファイルを入手して解凍します。
 +//-- svnを利用した入手方法~
 +//'''''<dmdをインストールしたフォルダ>'''''/import/dfl となるように DFL のソースコードを export する。
 +//#code(console,nonumber){{{
 +//svn export http://svn.dsource.org/projects/dfl/trunk/win32 dfl
 +//}}}
 +//-- アーカイブから入手する~
 +//[http://wiki.dprogramming.com/Dfl/Snapshots 本家スナップショット]や[http://www.dprogramming.com/dfl.php 本家ダウンロードページ]からソースコードを入手することができる。入手したら解凍する。
 +//+ パッチをあてる~
 +//&ref(dfl20100220.patch);~
 +//上記パッチを当てる事で最新のdmdやTangoでもコンパイル出来るようになる
 ++ インストール
 +++ '''''<dmdをインストールしたフォルダ>'''''/import/dfl/all.d などとなるようにファイルを設置する
 +++ '''''<dmdをインストールしたフォルダ>'''''/lib のフォルダがlib用のフォルダとなるようにフォルダを作っておく。
 +++ sc.ini に、import用のフォルダとして '''''<dmdをインストールしたフォルダ>'''''/import を、ライブラリ用のフォルダとして'''''<dmdをインストールしたフォルダ>'''''/libを指定しておく~
 +例)
 +#code(ini){{{
 +LIB="%@P%\..\lib"
 +DFLAGS="-I%@P%\..\import"
 +}}}
 +++ コマンドプロンプトを開き、以下を入力
 +#code(console,nonumber){{
 +cd /D '''''<dmdをインストールしたフォルダ>'''''/import/dfl
 +set dmd_path=<dmdをインストールしたフォルダ>
 +set dmc_path=<dmcをインストールしたフォルダ>
 +}}
 +//++ Tangoの環境で利用する場合は以下を続けて入力
 +//#code(console,nonumber){{
 +//set dlib=Tango
 +//}}
 +++ 続けて、以下を入力してコンパイルを行う
 +#code(console,nonumber){{
 +go
 +}}
 +++ うまくいくと次のように表示される。((dmdやdmcのパスによっては若干違うところがある。))
 +#code(console){{
 +Compiling debug DFL...
 +
 +$ ..\..\..\dmd\bin\dmd -c -debug -g  -I.. all.d base.d application.d internal/d
 +lib.d internal/clib.d internal/utf.d internal/com.d control.d form.d registry.d
 +drawing.d menu.d notifyicon.d commondialog.d filedialog.d folderdialog.d panel.d
 + textbox.d richtextbox.d picturebox.d listbox.d groupbox.d splitter.d usercontro
 +l.d button.d label.d collections.d internal/winapi.d internal/wincom.d event.d s
 +ocket.d timer.d environment.d messagebox.d tooltip.d combobox.d treeview.d tabco
 +ntrol.d colordialog.d listview.d data.d clipboard.d fontdialog.d progressbar.d r
 +esources.d statusbar.d imagelist.d toolbar.d internal/_stdcwindows.d
 +
 +Making debug lib...
 +
 +$ ..\..\..\dm\bin\lib -c -n -p64 dfl_debug.lib ..\..\..\dm\lib\gdi32.lib ..\..\.
 +.\dm\lib\comctl32.lib ..\..\..\dm\lib\advapi32.lib ..\..\..\dm\lib\comdlg32.lib
 +..\..\..\dm\lib\ole32.lib ..\..\..\dm\lib\uuid.lib ..\..\..\dmd\lib\ws2_32.lib u
 +ser32_dfl.lib shell32_dfl.lib olepro32_dfl.lib all.obj base.obj application.obj
 +dlib.obj clib.obj utf.obj com.obj control.obj form.obj registry.obj drawing.obj
 +menu.obj notifyicon.obj commondialog.obj filedialog.obj folderdialog.obj panel.o
 +bj textbox.obj richtextbox.obj picturebox.obj listbox.obj groupbox.obj splitter.
 +obj usercontrol.obj button.obj label.obj collections.obj winapi.obj wincom.obj e
 +vent.obj socket.obj timer.obj environment.obj messagebox.obj tooltip.obj combobo
 +x.obj treeview.obj tabcontrol.obj colordialog.obj listview.obj data.obj clipboar
 +d.obj fontdialog.obj progressbar.obj resources.obj statusbar.obj imagelist.obj t
 +oolbar.obj _stdcwindows.obj
 +Digital Mars Librarian Version 8.02n
 +Copyright (C) Digital Mars 2000-2007 All Rights Reserved
 +http://www.digitalmars.com/ctg/lib.html
 +Digital Mars Librarian complete.
 +
 +Compiling release DFL...
 +
 +$ ..\..\..\dmd\bin\dmd -c -O -inline -release  -I.. all.d base.d application.d
 +internal/dlib.d internal/clib.d internal/utf.d internal/com.d control.d form.d r
 +egistry.d drawing.d menu.d notifyicon.d commondialog.d filedialog.d folderdialog
 +.d panel.d textbox.d richtextbox.d picturebox.d listbox.d groupbox.d splitter.d
 +usercontrol.d button.d label.d collections.d internal/winapi.d internal/wincom.d
 + event.d socket.d timer.d environment.d messagebox.d tooltip.d combobox.d treevi
 +ew.d tabcontrol.d colordialog.d listview.d data.d clipboard.d fontdialog.d progr
 +essbar.d resources.d statusbar.d imagelist.d toolbar.d internal/_stdcwindows.d
 +
 +Making release lib...
 +
 +$ ..\..\..\dm\bin\lib -c -n -p64 dfl.lib ..\..\..\dm\lib\gdi32.lib ..\..\..\dm\l
 +ib\comctl32.lib ..\..\..\dm\lib\advapi32.lib ..\..\..\dm\lib\comdlg32.lib ..\..\
 +..\dm\lib\ole32.lib ..\..\..\dm\lib\uuid.lib ..\..\..\dmd\lib\ws2_32.lib user32_
 +dfl.lib shell32_dfl.lib olepro32_dfl.lib all.obj base.obj application.obj dlib.o
 +bj clib.obj utf.obj com.obj control.obj form.obj registry.obj drawing.obj menu.o
 +bj notifyicon.obj commondialog.obj filedialog.obj folderdialog.obj panel.obj tex
 +tbox.obj richtextbox.obj picturebox.obj listbox.obj groupbox.obj splitter.obj us
 +ercontrol.obj button.obj label.obj collections.obj winapi.obj wincom.obj event.o
 +bj socket.obj timer.obj environment.obj messagebox.obj tooltip.obj combobox.obj
 +treeview.obj tabcontrol.obj colordialog.obj listview.obj data.obj clipboard.obj
 +fontdialog.obj progressbar.obj resources.obj statusbar.obj imagelist.obj toolbar
 +.obj _stdcwindows.obj
 +Digital Mars Librarian Version 8.02n
 +Copyright (C) Digital Mars 2000-2007 All Rights Reserved
 +http://www.digitalmars.com/ctg/lib.html
 +Digital Mars Librarian complete.
 +
 +Making build lib...
 +
 +$ ..\..\..\dm\bin\lib -c -n dfl_build.lib user32_dfl.lib shell32_dfl.lib olepro3
 +2_dfl.lib
 +Digital Mars Librarian Version 8.02n
 +Copyright (C) Digital Mars 2000-2007 All Rights Reserved
 +http://www.digitalmars.com/ctg/lib.html
 +Digital Mars Librarian complete.
 +
 +Done.
 +
 +About to move DFL lib files to ..\..\..\dmd\lib (Close window or Ctrl+C to stop)
 +
 +続行するには何かキーを押してください . . .
 +}}
 +++ Enterなど何かキーを押すと、dfl.lib、dfl_build.lib、dfl_debug.libの各ファイルが '''''<dmdをインストールしたフォルダ>'''''/lib のフォルダにコピーされる。
 +
 +**dsssでのインストール [#i9eed599]
 +現在dsssでのインストールには対応していない。
 +
 +
 +*関連記事 [#r189ed9b]
 +#related
 +
 +
 +* 投票とコメント [#k95ce60f]
 +#vote(#lastvote:4674e6410b2d75e8a5592746f5fb0229,大変参考になった,参考になった[2],あまり参考にならなかった,まったく参考にならなかった,#notimestamp)
 +#pcomment


Front page   Edit Diff Backup Upload Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 7689, today: 2, yesterday: 3
メインメニュー

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録

Menu