Cur: 2012-03-12 (Mon) 21:43:36 SHOO source Edit
With "pcomment" plugin. (Only touched)
Line 1: Line 1:
 +TITLE:D言語GUIライブラリQtDについて
 +*概要 [#gf4d0e55]
 +QtのD言語バインディング~
 +対応している環境は以下の通り
 +||Windows|Linux|MacOS|FreeBSD|h
 +| D1+Phobos|  ×| ×| ×| ×|
 +| D1+Tango|  ○| ○| ○| ?|
 +| D2+Phobos|  ×| ×| ×| ×|
 +| D2+Tango|  ×| ×| ×| ×|
 +**公式リンク [#y3daf7b6]
 +-[http://www.dsource.org/projects/qtd 公式ページ]
 +
 +** ライセンス [#p4f84e31]
 +> QtD's source code generator is based on Qt Jambi 4.4 and available under the GPL license. The rest of QtD is distributed under the Boost Software License 1.0.
 +
 +QtDのソースコードはGPLライセンスのQt Jambi 4.4で生成された。その他の部分についてはBoostライセンス
 +
 +*インストール [#v803f9dd]
 +
 +**windowsの場合 [#n3fc8afd]
 +
 +- 分散バージョン管理ソフトのMercurialをインストールする。
 +
 +//- QtDを公式サイトから、あるいはSVNで~
 +//svn checkout http://svn.dsource.org/projects/qtd/trunk/ qtd~
 +- QtDをコンソールで
 +#code(console,nonumber){{
 +hg clone http://bitbucket.org/qtd/repo qtd
 +}}
 +//としてダウンロードする。~
 +と入力してダウンロードする。~
 +
 +- [http://www.qtsoftware.com/products/ Qtの公式サイト]から
 +Download Qt libraries 4.* for Windows (Download Qt SDK for Windowsでもいいかもしれない)~
 +をダウンロードする。~
 +実行してインストールする。~
 +パスにはスペースやwindows固有文字などを含めてはいけない。
 +
 +- [http://www.cmake.org/ CMakeの公式サイト]からCMakeをダウンロードしインストールする。~
 +
 +- Qtをインストールしたフォルダの中のbinフォルダ~
 +MinGWをインストールしたフォルダの中のbinフォルダ~
 +CMakeをインストールしたフォルダの中のbinフォルダ~
 +にパスを通す。
 +
 +- [http://www.digitalmars.com/ Digital Mars公式サイト]からBasic Utilitiesをダウンロードする。~
 +その中のimplibをパスの通った場所に置く。(Borlandのコンパイラなど入れてるとimplibがすでに入ってたりするのでそっちが使われないように注意する)
 +
 +//- QtDのフォルダに移動する。~
 +//適当にフォルダを一つ作る。~
 +- コマンドプロンプトを開き、cdコマンドとか使って、QtDのフォルダに移動する。~
 +//コマンドプロンプトでそのフォルダの中に移動する。~
 +コマンドプロンプトで以下を入力していく。
 +#code(console,nonumber){{
 +mkdir build_dir
 +cd build_dir
 +cmake -G"MinGW Makefiles" ../
 +mingw32-make
 +}}
 +
 +
 +**Ubuntuの場合 [#zc620bea]
 +
 +- Qtの公式サイトからQt4.6をダウンロードしてインストールする。
 +
 +- CMakeをインストールする。
 +#code(console,nonumber){{
 +$ sudo apt-get install cmake
 +}}
 +
 +- Mercurialをインストールする。
 +#code(console,nonumber){{
 +$ sudo apt-get install mercurial
 +}}
 +
 +- dmd 2.046以上をインストールする。
 +
 +- 端末で以下を入力する。
 +#code(console,nonumber){{
 +$ hg clone http://bitbucket.org/qtd/repo qtd
 +$ cd qtd
 +$ mkdir build_dir
 +$ cd build_dir
 +$ cmake ../
 +$ make
 +}}
 +
 +- 終わったらqtd/build_dir/build の中の
 +bin、qt、tools フォルダを、qtdの中の同名フォルダに上書きコピーする。
 +
 +- d2を使ってるなら qtd/d2、d1なら qtd/d1をqtd/qt フォルダにコピーする。
 +
 +- qtd/examples/tutorials/tutorial/t1 をコンパイルして実行してみる。
 +build.shはd2を使うようになっているのでd1の人はd1に編集する。~
 +端末で~
 +#code(console,nonumber){{
 +$ ./build.sh
 +$./t1
 +}}
 +
 +
 +
 +//**手動インストール
 +//+インストール手順1
 +//++インストール手順1.1
 +//**dsssでのインストール
 +//#code{{
 +//dsss net install xxxx
 +//}}
 +
 +*関連記事 [#lb65510b]
 +- [[./入門D言語+Qt編]]
 +
 +#related
 +
 +* 投票とコメント [#la29618d]
 +#vote(#lastvote:69c802048f786d8be9be5b7ad791085c,大変参考になった,参考になった[2],あまり参考にならなかった[1],まったく参考にならなかった,#notimestamp)
 +#pcomment
  

  • Backup diff of Libraries/QtD(No. All)
    • Cur: 2012-03-12 (Mon) 21:43:36 SHOO
      • With "pcomment" plugin. (Only touched)

Front page   Edit Diff Backup Upload Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 3828, today: 2, yesterday: 0
メインメニュー

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録

Menu