1: 2011-04-11 (Mon) 11:32:32 SHOO source Edit Backup No.1 as current.
謹製を製に訂正しました。謹製は謙譲語なので訂正しました。
Cur: 2013-01-24 (Thu) 02:13:45 SHOO source Edit
Phobosの開発用インストール方法を記載
Line 15: Line 15:
通常dmdに付属している。この場合インストールの必要はない。 通常dmdに付属している。この場合インストールの必要はない。
-ただし、dmdのインストールの際に標準ライブラリをTangoとした場合は、Tangobosを利用することでPhobosの機能を導引することができる。 +本記事では①Phobosのソースコード取得、②Phobosのテスト、③Phobosのコンパイル、④Phobosのインストールの仕方を解説します。 
-+ 
-+** 前提 [#b9b080c1] 
-~+- ここではWindows(32bit)環境を想定して解説します。 
 +- dmcをインストール済み 
 +- dmdをインストール済み / 下記のような構成を想定します。ご自身の環境に照らしあわせて読み替えてください。 
 +-- C:\dmd\bin\dmd.exe 
 +-- C:\dmd\lib\phobos.lib 
 +-- C:\dmd\import\object.di 
 +-- C:\dmd\import\core\atomic.d 
 +-- C:\dmd\import\std\algorithm.d 
 +- gitをインストール済み / ここではMSYS gitを想定します。 
 +- 開発用に専用のディレクトリを作りましょう。 / ここでは C:\ddev というディレクトリを想定します。ご自身の環境に照らしあわせて読み替えてください。 
 + 
 +あと、基本的に、druntimeと同時にコンパイルします。 
 +また、コンパイル等の操作はすべてコマンドプロンプト上で行います。 
 + 
 + 
 +** ソースコードの取得 [#vf1ff7e4] 
 +MSYSで操作します。gitをつかって本家からcloneしましょう。 
 +#code(console){{{ 
 +cd /D C:\ddev 
 +git clone git://github.com/D-Programming-Language/druntime.git 
 +git clone git://github.com/D-Programming-Language/phobos.git 
 +}}} 
 + 
 +** Phobosのテスト [#j7a052dd] 
 +あらかじめ、druntimeをコンパイルしましょう。 
 +#code(console){{{ 
 +cd /D C:\ddev 
 +cd druntime 
 +make -f win32.mak import 
 +copy /Y /B src\rt\minit.obj minit.obj 
 +make -f win32.mak lib\gcstub.obj 
 +make -f win32.mak target 
 +cd ../phobos 
 +make -fwin32.mak unittest 
 +}}} 
 + 
 +** Phobosのコンパイル [#wb55ce64] 
 +#code(console){{{ 
 +cd /D C:\ddev 
 +cd druntime 
 +make -f win32.mak import 
 +copy /Y /B src\rt\minit.obj minit.obj 
 +make -f win32.mak lib\gcstub.obj 
 +make -f win32.mak target 
 +cd ../phobos 
 +make -f win32.mak LIB=phobos.lib DFLAGS="-O -release -inline -nofloat -w -property" 
 +make -f win32.mak LIB=phobos-dbg.lib DFLAGS="-O -debug -g -nofloat -w -property" 
 +}}} 
 + 
 +** Phobosのインストール [#p09e259d] 
 +出来上がったライブラリファイルを C:\dmd\lib フォルダ内のファイルに上書きしましょう。具体的には下記のようにします~ 
 +C:\dmd\lib に C:\ddev\druntime\lib\druntime.lib を上書きコピー~ 
 +C:\dmd\lib に C:\ddev\druntime\lib\gcstub.obj を上書きコピー~ 
 +C:\dmd\lib に C:\ddev\phobos\phobos.lib を上書きコピー~ 
 +C:\dmd\lib に C:\ddev\phobos\phobos-dbg.lib をコピー(これはデバッグ情報が含まれるライブラリファイルです。dmd -debuglib=phobos-dbg.lib みたいにして利用します。) 
 + 
 +importファイルを全て更新します。具体的には下記のようにします。~ 
 +C:\dmd\import\core を削除~ 
 +C:\dmd\import\etc を削除~ 
 +C:\dmd\import\std を削除~ 
 +C:\dmd\import\object.di を C:\ddev\druntime\import\object.di で上書き~ 
 +C:\dmd\import に C:\ddev\druntime\import\core をコピー~ 
 +C:\dmd\import に C:\ddev\druntime\import\etc をコピー
 +C:\dmd\import\etc に C:\ddev\phobos\etc\c をコピー
 +C:\dmd\import に C:\ddev\phobos\std をコピー~
*関連記事 [#o415b164] *関連記事 [#o415b164]


Front page   Edit Diff Backup Upload Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 4325, today: 2, yesterday: 0
メインメニュー

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録

Menu