5: 2014-08-03 (日) 10:36:40 ゲスト[fWVlR06tCRo] ソース バックアップ No.5 を復元して編集
With "vote" plugin.
現: 2014-12-12 (金) 00:44:23 ゲスト[4v3qwoA7O1k] ソース 編集
With "vote" plugin.
Line 3: Line 3:
今回の投票は、複数投票可能とします。 今回の投票は、複数投票可能とします。
-#vote(#lastvote:0d9c9b29e14207e245fd2bf4c6d0c515,macro[8],引数のenum名省略[3],フリー関数をメンバ関数のように使える機能[13],ランタイムアセンブラ&コンパイラ[1],メモリバリア&アトミック命令[4],PEG用構文&コンパイラタイムコンパイラコンパイラ[1],Reactive Programming[3],D言語によるD言語の実装[3],std.typecons.Tuple相当をSML#のように使える機能[1],ガベージコレクション使用選択[12],Multi-Return Function Call[1],使いやすい&&わかりやすい構造体リテラル[1],構造体のstatic opCallの撤廃[2],Windowsの標準出力のマルチバイト対応[20],正規表現リテラル[3],if (0 <= n <= 10) 構文[6],一部の長い予約語の短縮[1],static foreach[2],GtkDのGUIツール[3],#add,#sort)+#vote(#lastvote:25ce10ae83b8c9d4b64f7ef0da7416f3,macro[8],引数のenum名省略[3],フリー関数をメンバ関数のように使える機能[13],ランタイムアセンブラ&コンパイラ[1],メモリバリア&アトミック命令[4],PEG用構文&コンパイラタイムコンパイラコンパイラ[1],Reactive Programming[3],D言語によるD言語の実装[3],std.typecons.Tuple相当をSML#のように使える機能[1],ガベージコレクション使用選択[12],Multi-Return Function Call[1],使いやすい&&わかりやすい構造体リテラル[1],構造体のstatic opCallの撤廃[2],Windowsの標準出力のマルチバイト対応[20],正規表現リテラル[3],if (0 <= n <= 10) 構文[7],一部の長い予約語の短縮[1],static foreach[2],GtkDのGUIツール[3],#add,#sort)
よろしければ投票に合わせてコメントもご記入ください よろしければ投票に合わせてコメントもご記入ください


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 2313, today: 3, yesterday: 1
メインメニュー

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録

Menu