概要 anchor.png Edit

公式ページ

Ginnie はタブ切り替えタイプのMDIテキストエディタです。 対応OSは、Windows 2000 以降の NT系 Windows日本語版です。

  • TDI+MDI型テキストエディタ
  • 文書タイプ別の構文強調表示
  • 構文強調の柔軟なカスタマイズ
  • ファイル検索(GREP)
  • デフォルトで対応している言語(文書タイプ)
    • C/C++,JScript,VBScript,Perl,Ruby,Python,PHP,HSP,Delphi,HTML,CSS,BAT,INI,KAG,TJS,NScripter,ERIS,YURIS
  • JScript,VBScript*1,PerlScript*1,RubyScript*1,Python*1,PHPScript*1 によるマクロ機能
  • マクロでVCLオブジェクトによるGUIの作成*1
  • マクロで独自のドッキングウィンドウを作成*1
  • イベント機能*1
  • マウスジェスチャ機能(イベントの一部)
  • 正規表現による文字列検索
  • IME再変換
  • プロジェクト管理機能
  • ファイルエクスプローラ(フォルダ・ファイルツリービュー)
  • コードエクスプローラ
  • スニペット*1
  • 入力補完
  • プロポーショナルフォント対応
  • etc...
Page Top

スクリーンショット anchor.png Edit

ginnie_ss.png

Page Top

インストール anchor.png Edit

  1. 本体の入手
    下記ダウンロードページより入手。
  2. ダウンロードされたginnie10070b.exeなどのファイルを実行し、解凍先を指定
  3. 設定ファイルを保存する場所を指定したい場合は __Users.xml のファイルを編集する。
  4. Ginnie.exe/GinnieFE.exeを実行する
  5. 初回起動時のみ「インストールする文書タイプの選択」及び「インストールする入力補完定義ファイルの選択」が出るので、OKを押す。
  6. D言語の文書タイプは以下のものを使うと良い
    1. fileSyntax.zip をダウンロードおよび解凍
    2. <設定ファイルの位置>/Syntax 以下にD.stx.xml及びDDocComment.stx.xmlを配置
    3. メニューより、 ツール>文書タイプ設定 のウィンドウ左下「追加ボタン」でD.stx.xml及びDDocComment.stx.xmlをそれぞれ追加する
  7. シェアウェア版の場合は、コメント自動保管用イベントマクロが使える
    1. fileEvents.js をダウンロード
    2. <設定ファイルの位置>/Script 以下にEvent.jsを配置
  8. コメントブロックの追加用マクロなど各種マクロを利用するとよい
    1. fileInsertCommentBlock.js をダウンロード
    2. <設定ファイルの位置>/Script 以下にInsertCommentBlock.jsを配置
    3. マクロ>スクリプトファイル>設定 の追加ボタンよりInsertCommentBlock.jsを設定する
Page Top

使い方 anchor.png Edit

付属されているヘルプを参照

Page Top

逆リンク anchor.png Edit

  • Tools (2126d) [ ツール ]
Page Top

投票とコメント anchor.png Edit

選択肢 投票
大変参考になった1  
参考になった3  
あまり参考にならなかった0  
まったく参考にならなかった0  

コメントはありません。 コメント​/Tools​/Ginnie編集

お名前:

*1 シェアウェア版のみ

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 2530, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2009-04-22 (水) 04:32:23
最終更新: 2009-04-22 (水) 04:32:23 (JST) (3138d) by SHOO
メインメニュー

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録

Menu