概要 anchor.png Edit

std.arrayに含まれるAppenderを利用すると、効率のよい配列への要素追加が行えます。*1

Page Top

ポイント anchor.png Edit

割り当ては

auto app = appender(ary);

配列の変数へのポインタをappenderに渡してやることで生成してくれます。

追加は

app.put(e);

追加後のデータの取得方法は

ary = app.data;

aryは配列、eはaryの型か、aryの要素の型です。

Page Top

サンプルコード anchor.png Edit

Everything is expanded.Everything is shortened.
 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
 
 
 
-
|
|
|
|
|
|
|
|
|
-
!
import std.array;
import std.stdio;
 
void main() {
    string str;
    auto app = appender(str);
    app.put("xxx");
    app.put("XXX");
    app.put('a');
    app.put('b');
    app.put('c');
    str = app.data; // 変化は直接strに表れないため、代入しなおします。
    writeln(str);
    // 特に後始末は考えなくてもよしなにしてくれる
}
Page Top

投票とコメント anchor.png Edit

Choices Vote
大変参考になった0  
参考になった0  
あまり参考にならなかった0  
まったく参考にならなかった0  

No comment. コメント​/SampleCodes​/Phobos​/range​/2Edit

Name:

*1 D2.049

Front page   Edit Freeze Diff Backup Upload Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 1143, today: 2, yesterday: 0
Princeps date: 2010-08-28 (Sat) 00:56:06
Last-modified: 2010-08-28 (Sat) 00:56:06 (JST) (3745d) by SHOO
メインメニュー

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録

Menu