Back to page

− Links

 Print 

SampleCodes​/Phobos​/書式​/1 :: D言語友の会

wiki:SampleCodes/Phobos/書式/1


Table of contents
  • 概要
  • ポイント
  • サンプルコード
  • 実行結果
  • 投票とコメント

概要 anchor.png[3] Edit [4]

formattedWrite, xformat, format, writefln などが対応している書式について。 %s に対応する引数は、その型に適した方法で書式化されます。

Page Top

ポイント anchor.png[5] Edit [6]

とりあえず文字列として出力したかったら %s を使えばいいのです。

Page Top

サンプルコード anchor.png[7] Edit [8]

Everything is expanded.Everything is shortened.
 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
 
 
 
-
-
!
-
!
-
!
-
!
!
import std.stdio;
 
void main()
{
    // 文字列の例
    writefln("%s(%s): %s", __FILE__, __LINE__, "Test");
    // bool型の例
    writefln("%s(%s): (1-2 == 0) == %s", __FILE__, __LINE__, 1-2 == 0);
    // 整数型の例
    writefln("%s(%s): 5-3 == %s", __FILE__, __LINE__, 5-3); 
    // 浮動小数点数の例
    writefln("%s(%s): 5.5-3.2 == %s", __FILE__, __LINE__, 5.5-3.2);
}
Page Top

実行結果 anchor.png[9] Edit [10]

1
2
3
4
main.d(6): Test
main.d(8): (1-2 == 0) == false
main.d(10): 5-3 == 2
main.d(12): 5.5-3.2 == 2.3

Page Top

投票とコメント anchor.png[11] Edit [12]

Choices Vote
大変参考になった1  
参考になった0  
あまり参考にならなかった0  
まったく参考にならなかった0  

No comment. コメント​/SampleCodes​/Phobos​/書式​/1Edit[13]

Name:

Last-modified: 2012-11-08 (Thu) 00:06:12 (JST) (3368d) by ゲスト