概要 anchor.png Edit

連想配列は、

値の型名[キーの型名] 変数名;

として定義する。初期化は

変数名[キー] = 値;

として行う

変数名[キー];

として値を参照する。

Page Top

ポイント anchor.png Edit

値の参照を行う際に、そのキーが登録されていない場合、例外が発生する。回避するには in を使用する

Page Top

サンプルコード anchor.png Edit

Everything is expanded.Everything is shortened.
 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
 
 
 
-
-
!
-
|
!
|
|
|
|
-
|
!
-
!
-
|
!
|
-
|
!
-
|
!
-
-
!
!
|
-
|
!
!
import std.stdio;
 
void main()
{
    // 定義
    string[string] assoc;
    // 値の代入
    // assoc[key] = value;
    assoc["あ"] = "a";
    assoc["か"] = "ka";
    assoc["さ"] = "sa";
    assoc["た"] = "ta";
    assoc["な"] = "na";
    // 値の参照
    // assoc[key]
    writeln(assoc["あ"]);
    // 値が入っているか確認
    if ("い" in assoc)
    {
        writeln("「い」は連想配列に含まれる");
    }
    else
    {
        writeln("「い」は連想配列に含まれない");
    }
    // 値を確認するついでに取り出して利用する
    // 取り出した値の型は、この場合だと string* となる
    if (auto tmp = "た" in assoc)
    {
        // そのため、アクセスするときは *tmp のように、ポインタを解除する
        writeln("「た」=「"~*tmp~"」は連想配列に含まれる");
    }
    else
    {
        writeln("「た」は連想配列に含まれない");
    }
}
Page Top

実行結果 anchor.png Edit

1
2
3
a
「い」は連想配列に含まれない
「た」=「ta」は連想配列に含まれる
Page Top

投票とコメント anchor.png Edit

Choices Vote
大変参考になった0  
参考になった1  
あまり参考にならなかった0  
まったく参考にならなかった0  

No comment. コメント​/SampleCodes​/D言語文法​/連想配列関連​/1Edit

Name:

Front page   Edit Freeze Diff Backup Upload Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 1970, today: 1, yesterday: 1
Princeps date: 2012-03-09 (Fri) 21:37:28
Last-modified: 2012-03-09 (Fri) 21:37:28 (JST) (3241d) by SHOO
メインメニュー

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録

Menu