Back to page

− Links

 Print 

Libraries​/Phobos :: D言語友の会

wiki:Libraries/Phobos

Table of contents
  • Phobos標準ライブラリについて
    • 公式リンク
    • ライセンス
  • インストール
    • 前提
    • ソースコードの取得
    • Phobosのテスト
    • Phobosのコンパイル
    • Phobosのインストール
  • 関連記事
  • 投票とコメント

Phobos標準ライブラリについて anchor.png[1] Edit [2]

Digital Mars製の標準ライブラリ

Page Top

ライセンス anchor.png[9] Edit [10]

[[Boostライセンス>Wikipedia:Boost]]

Page Top

インストール anchor.png[11] Edit [12]

通常dmdに付属している。この場合インストールの必要はない。

本記事では①Phobosのソースコード取得、②Phobosのテスト、③Phobosのコンパイル、④Phobosのインストールの仕方を解説します。

Page Top

前提 anchor.png[13] Edit [14]

  • ここではWindows(32bit)環境を想定して解説します。
  • dmcをインストール済み
  • dmdをインストール済み / 下記のような構成を想定します。ご自身の環境に照らしあわせて読み替えてください。
    • C:\dmd\bin\dmd.exe
    • C:\dmd\lib\phobos.lib
    • C:\dmd\import\object.di
    • C:\dmd\import\core\atomic.d
    • C:\dmd\import\std\algorithm.d
  • gitをインストール済み / ここではMSYS gitを想定します。
  • 開発用に専用のディレクトリを作りましょう。 / ここでは C:\ddev というディレクトリを想定します。ご自身の環境に照らしあわせて読み替えてください。

あと、基本的に、druntimeと同時にコンパイルします。 また、コンパイル等の操作はすべてコマンドプロンプト上で行います。

Page Top

ソースコードの取得 anchor.png[15] Edit [16]

MSYSで操作します。gitをつかって本家からcloneしましょう。

1
2
3
cd /D C:\ddev
git clone git://github.com/D-Programming-Language/druntime.git
git clone git://github.com/D-Programming-Language/phobos.git
Page Top

Phobosのテスト anchor.png[17] Edit [18]

あらかじめ、druntimeをコンパイルしましょう。

1
2
3
4
5
6
7
8
cd /D C:\ddev
cd druntime
make -f win32.mak import
copy /Y /B src\rt\minit.obj minit.obj
make -f win32.mak lib\gcstub.obj
make -f win32.mak target
cd ../phobos
make -fwin32.mak unittest
Page Top

Phobosのコンパイル anchor.png[19] Edit [20]

1
2
3
4
5
6
7
8
9
cd /D C:\ddev
cd druntime
make -f win32.mak import
copy /Y /B src\rt\minit.obj minit.obj
make -f win32.mak lib\gcstub.obj
make -f win32.mak target
cd ../phobos
make -f win32.mak LIB=phobos.lib DFLAGS="-O -release -inline -nofloat -w -property"
make -f win32.mak LIB=phobos-dbg.lib DFLAGS="-O -debug -g -nofloat -w -property"
Page Top

Phobosのインストール anchor.png[21] Edit [22]

出来上がったライブラリファイルを C:\dmd\lib フォルダ内のファイルに上書きしましょう。具体的には下記のようにします
C:\dmd\lib に C:\ddev\druntime\lib\druntime.lib を上書きコピー
C:\dmd\lib に C:\ddev\druntime\lib\gcstub.obj を上書きコピー
C:\dmd\lib に C:\ddev\phobos\phobos.lib を上書きコピー
C:\dmd\lib に C:\ddev\phobos\phobos-dbg.lib をコピー(これはデバッグ情報が含まれるライブラリファイルです。dmd -debuglib=phobos-dbg.lib みたいにして利用します。)

importファイルを全て更新します。具体的には下記のようにします。
C:\dmd\import\core を削除
C:\dmd\import\etc を削除
C:\dmd\import\std を削除
C:\dmd\import\object.di を C:\ddev\druntime\import\object.di で上書き
C:\dmd\import に C:\ddev\druntime\import\core をコピー
C:\dmd\import に C:\ddev\druntime\import\etc をコピー
C:\dmd\import\etc に C:\ddev\phobos\etc\c をコピー
C:\dmd\import に C:\ddev\phobos\std をコピー

Page Top

関連記事 anchor.png[23] Edit [24]

Page Top

投票とコメント anchor.png[26] Edit [27]

Choices Vote
大変参考になった0  
参考になった0  
あまり参考にならなかった0  
まったく参考にならなかった0  

No comment. コメント​/Libraries​/PhobosEdit[28]

Name:

Last-modified: 2013-01-24 (Thu) 02:13:45 (JST) (3285d) by SHOO