dmd 1.053 と 2.037 のリリース


投稿ツリー



前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2009/12/5 19:17
SHOO  管理人   投稿数: 658
[http://www.digitalmars.com/webnews/newsgroups.php?art_group=digitalmars.D.announce&article_id=17317 元記事]
[http://www.digitalmars.com/d/2.0/changelog.html 配布ページ]
たぶん一番大きな変更は opDispatch !

- 3項演算子 ?: がlvalueになれるようになった
- 配列リテラルが動的配列型になった
- 配列の.lengthが += とか -= とかできるようになった
- Array and associative array types are now determined by using ?: across all the elements, not just using the first one.((なんぞこれ))
- 配列を連結するときは要素ごとに暗黙変換が行われるようになった
- [~]内ではカンマを使えなくした
- ClassInfo は TypeInfo_Class にマージされました
- Bugzilla 3379: [tdpl] Parameter names not visible in the if clause of a template
- typeid(obj) で実行時型情報を取得できるように
- -safeコマンドラインスイッチをやめて, -noboundscheckを追加
- opPow() と x ^^ y を累乗演算子として導入
- opDispatch の追加
- プロパティは0か1つだけ引数をとるようにした
- プロパティは非プロパティの関数でオーバーロードできないようにした
- std.math にFloatControl, IeeeFlagsを追加。浮動小数型に関する例外のため。
- std.math: Inverse trig 関数を pure nothrow にした

ってかんじかな?いくつかよくわからなかったけど
投票数:50 平均点:4.20
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2009/12/6 21:52 | 最終変更
tama  一人前   投稿数: 111
opDispatchがやっと来た感じですね(opDotも報われる).これでライブラリの幅も広がりそう.配列リテラルが動的になったり連結での型変換とか,MLでの議論が反映されてどんどん書きやすくなってますね.
opBinaryとかユーザ定義アノテーションとかはいつ来るのだろうか…

P.S.
※1に関しては,MLで?:に関しての議論があったような記憶はありますが,その結果ですかね.
投票数:142 平均点:4.37
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ


メインメニュー

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録

Menu