ANDのような香り

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

なし ANDのような香り

msg# 1.1.1
depth:
2
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2009/4/30 2:48
SHOO  管理人   投稿数: 658
これに近い何かを感じました。

http://www.dsource.org/projects/and
Artifical Neural Networks For D
D言語用人工ニューラルネットワーク

一応、知ってる範囲でいうと、ニューラルネットワークというのは人間の脳細胞を真似した構造をしたアルゴリズムで、ある問題に対する解をなるべく高速に求めるためのもの…というのが私の認識です。
[[Wikipedia>Wikipedia:ニューラルネットワーク]]によると、
> 画像や統計など多次元量のデータでかつ線形分離不可能な問題に対して、比較的小さい計算量で良好な解を得られることが多い。このことから、パターン認識やデータマイニングをはじめ、さまざまな分野において応用されている。
<
とのことです。

例えば、心臓手術の縫合作業をするマシンの針先の軌跡を最適化する…とかいったものに使われたりする技術です。
http://www.idsia.ch/~juergen/rnn.html

他にも、[[Q-Learning>Google:Q-Learning]]などの学習制御のために使われたりもするらしい。

専門じゃないので詳しくは分かりませんが、そういうのにつかわれるそうです。

Evanescentも、ANDのように、専門的な知識がないと使いこなせないたぐいのライブラリのような…そんな香りがします。

こういうライブラリが多くなれば大学などの研究機関で流行ったりするかもしれませんね。
投票数:135 平均点:5.26
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ


メインメニュー

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録

Menu