返信する: 汎用質問板



オプション

参照

Re: Bindings for the Windows API
投稿者: SHOO 投稿日時: 2009/12/26 16:35
>ここでこんな質問していいのか迷いましたが、投稿します

このような質問のためのフォーラムとなっているので、問題ありませんよw

なぜか現在dsource.orgに接続出来ない状況が続いております。なので憶測で回答することをお赦しください。

Bindings for the Windows APIのmakefileはgnu-makeのワイルドカードの機能を用いてコンパイルするファイルを決めていたと思いますが、こちらには.diが含まれていないのではないでしょうか。
なので、uuid.diファイルは本来コンパイルされないところ、uuid.dと名前を変える事で一緒にコンパイルされてしまい、名前の競合が起こったと考えられます。

また、.diファイルはインターフェースファイルといって、dmdコンパイラが吐くことのできる特殊なファイルで、importに必要な情報のみが記述されているファイルとされています。
従って、現在のdmdの仕様で利用する場合ならば、名前を変更する必要はないかと思います。

もし仮に、どうしても.dファイルでコンパイルしなければならないという状況となった場合は、
uuid.dファイル内で、
static import win32.directx.dinput8;
alias win32.directx.dinput8.GUID_SysKeyboard GUID_SysKeyboard;
等としたらとりあえずコンパイルが通るかもしれません。
(別名として定義しなおすことで二重定義を回避するという方法)
メインメニュー

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録

Menu